HOME » 注文住宅相談のやり取り詳細【建築会社・工務店編】

注文住宅相談のやり取り詳細【建築会社・工務店編】

注文住宅を建てるにあたり、資料請求した会社のうち、建設会社や工務店に分類される会社についてまとめています。

理想の注文住宅を建てるなら工務店や建築会社がおすすめ

工務店や建設会社とハウスメーカーの違いは何でしょうか。個人的にはハウスメーカーが規格住宅を得意とするのに対し、建設会社や工務店は機能を重視した注文住宅を得意としている、と考えます。

実際、工務店から取り寄せた資料を見ると、施工へのこだわりやこれまでの事例が多いのに対し、ハウスメーカーの資料は規格住宅のスペック解説に多くのページが割かれていました。

ですので、機能に関しての理想が高い方には、工務店や建設会社に注文住宅を依頼するのが最適なのです。

工務店・建設会社のメリット

工務店や建設会社の注文住宅施工の流れはハウスメーカーとそれほど変わりません。打ち合わせに始まり、土地選定や建築プランの作成、設計・見積り、施工・工事監理、竣工、アフターメンテナンスと続いていきます。

ただそれぞれの工程をみてみると、注文住宅では建築会社や工務店に依頼する方がメリットを感じる場面が多くあるのではないでしょうか。

例えば打ち合わせでは、施主さんの要望や用意できる予算、ライフスタイルなどをヒアリングした後に、早ければ2週間くらいでプランが提案されます。その際、ハウスメーカーでは規格住宅の模型を使って説明されることが多いのですが、工務店や建築会社の場合は、資料や口頭での説明が多いようです。

模型やパースなどのツールにお金をかけるよりも、お互いに信頼関係を築いて、一緒に住まいを作るという意識が高いからでしょう。

このプラン提示と同時に、少なくとも概算の見積りも提示されます。ほとんどの建築会社や工務店では、その場で建築請負契約を迫るようなことはありませんのでご安心を。

建築会社や工務店はハウスメーカーと比べて規模が小さい分、担当者の変更が少ないこともメリットの一つ。というのも依頼主である施主さんの要望をいろいろな人に“引き継ぐ”必要がないだけでなく、基本的には担当者が変わらないので、意思疎通のトラブルも少なくて済みます。

私が資料請求した建設会社・工務店3社はこちら

実際に私が資料請求した建設会社・工務店は以下の3社です。それぞれの簡単な特徴もまとめているので、参考にしてください。

社名 特徴
サカエ建設 こだわり品質の住宅を良心的な価格で建てられる建設会社。設立から40年近くの実績を持つ老舗の会社です。
一般的な住宅メーカーよりも高品質な標準仕様が特徴的。断熱性や遮音性、耐震性に優れた家を建てられる施工技術の高い会社です。
ヤザワ
ランバー
元々は長野で木材卸を営んでいたという、一風変わった工務店。住宅に使用する木材にはこだわりを持っており、スタッフの多くが「木」のスペシャリストです。
自社専属の大工さんがすべての施行を担当するため、品質にも大きな自信を持っているようです。
BLISS 年間施工実績250棟のうち、実に8割近くが狭小地という建築会社。
どちらかというとローコスト住宅に力を入れている会社でもあります。

 

Report!

我が家の理想を
叶えてくれる
会社はどこだ?

結果は
こちら

Report! 気になる住宅メーカーに相談してみた!

土地が無い!

でも注文住宅を
建てるには?